「ガラスリペア」ってなに?

ガラスキズ、ヒビの部分に特殊樹脂を注入する修理方法で、それ以上ヒビを広げない効果と車検に影響のないように目立たなくすることが出来ます。 500円玉くらいの大きさのキズまで対応できますが、あくまで応急処置的なものです。

傷が大きい場合はガラスの交換をお勧めいたします。

もし、ガラスに傷がついてしまったらご相談ください。 但し、ガラスのキズが『完全』に元通りに直るわけではありません。強い衝撃や、極端な温度変化には耐えられません。 今のお車に長くお乗りになるお客様には新品交換をお奨めいたします。

「ガラスリペア」ガラスリペアをお勧めできない場合の条件

  1. 500円硬貨より大きなヒビ
  2. フロントガラスの上下30cm以内のヒビ
  3. フロントガラスの左右10cm以内のヒビ
  • この条件以外でも気象条件や使用状況により再びヒビが広がる場合もございます。
  • 費用は特別なものを除いて新品交換の/4~1/5の価格で修復可能です。

自動車のフロントガラスは、ごく小さなヒビ割れや、キズがあるだけで、車検が通らないのはもちろんのこと、そのキズは走行中の振動や気温の変化などで大きくなり、放置しておくととても危険です。ごく小さな破損であれば、短時間の作業と比較的低コストでリペア補修が可能です。 ガラスそのものを「元の状態」に戻すことはできませんが、通常の走行に支障がない程度には復元できます。

  • 通常は一見元の状態に見えますが、打点(破損打点、 修復時の作業跡)が残り、見る角度によっては光の屈折により、キズが見えるケースもあります。
  • 補修してあれば、車検の目視検査を合格してきたケースは多数ありますが、あくまで車検検査官の判断によります。
当社は昭和26年創業自動車ガラス修理専門店。確かな技術をもつプロスタッフのいるお店だけが加盟をゆるされるグラスピット。 朝比奈商会は確かな技術と信頼でお答えするグラスピット加盟店です。

「ガラスリペア」のしくみってどうなっているの?

合わせガラスの車外側のガラスと、中間膜の間に発生した亀裂(ブレイク)の中に、ガラスと同じ屈折率を持つ、特殊樹脂液を浸透させ、エアー抜きを施した後、紫外線照射によって特殊樹液を硬化させて補修します。 亀裂(ブレイク)の大きさが500円玉程度の大きさで、表面ガラスの剥離部分が直径3mm以内であれば一般的には補修可能ですが、実際のキズを見て判断します。 合わせガラスの中間膜まで達したキズ、破損後月日が経過したキズ、撥水加工を施した合わせガラスのキズ、また、一度リペア補修した所が再び割れてきた場合等は、補修が不可能である場合もあります。

Page Top